介護福祉士になるためには、資格を取得しなければならない。しかし資格試験を受験するためには一定の条件を満たす必要がある。1つは3年以上の実務経験がある事で、介護の分野で仕事に従事した期間が条件を満たしていれば受験資格が与えられる。一方で介護が未経験な場合、他の方法で受験資格を満たす必要がある。そこで介護福祉関連の養成学校に通い、試験受験の条件を満たす方法が選択肢となる。大学や専門学校で介護福祉士の養成を行っている施設があるため、カリキュラムを修了すると受験資格が与えられる。ただし介護福祉士を養成する学校は、それぞれの特徴を理解し選ばなければならない。専門学校は2年制のカリキュラムを採用しているケースが多く、一方で大学系の養成学校は4年制が一般的である。

 そのため、どの学校に入学するかで卒業までの期間が異なってくる。できるだけ早く介護士になる方法には、卒業までの期間が短い専門学校系の養成学校を選ぶのが適している。一方でじっくり介護の勉強を行いたいのなら大学を選ぶ考え方もある。大学は卒業までの年数が長い分だけ実習が受けられる時間が長く、介護の仕事を始めるにあたり不安が少ない。また就職時には、大学系の介護士養成学校を卒業した事がプラスに働く事もある。これらの学校を卒業した後には、介護士になるために国家試験に挑戦する事になる。しかし専門学校や大学で学んだ介護福祉のための知識や実習経験があれば、介護福祉士の資格取得は比較的たやすい。